休日とか連休という表現

休日とか連休という表現に違和感をもっていた

 

実際土日が仕事が休みとしても、仕事が休みなだけでそれを「休日」というなんて、仕事で回っている人生みたいで嫌

 

(土日祝仕事の人にも変な表現)

 

とか思っていたけど

 

 

別に変じゃなかった!

 

そうか、この「休日」「連休」という言葉は、何もみんなの事を言っているのではない

 

私の事でもない

 

お役所の事を言っているのだ

 

 

もちろん、土日祝に働いている公務員、お役所仕事もある

でも、一般的に市役所とかは休館で、その事を言っているのだ

 

 

 

休日とか連休という表現

休日とか連休という表現に違和感をもっていた

 

実際土日が仕事が休みとしても、仕事が休みなだけでそれを「休日」というなんて、仕事で回っている人生みたいで嫌

 

(土日祝仕事の人にも変な表現)

 

とか思っていたけど

 

 

別に変じゃなかった!

 

そうか、この「休日」「連休」という言葉は、何もみんなの事を言っているのではない

 

私の事でもない

 

お役所の事を言っているのだ

 

 

もちろん、土日祝に働いている公務員、お役所仕事もある

でも、一般的に市役所とかは休館で、その事を言っているのだ

 

 

 

忘れなくてもいい

忘れなきゃ忘れなきゃ・・・!

 

そんな事ないよ

忘れなくていい

 

フタをしとけばいい

カーテンでも閉めとけばいい

 

 

たまに開けちゃう事もあるかも

広告を非表示にする

さようならは悲しくない

さようならは、悲しいとは限らない

 

さようならが悲しかったら、映画を見終わってさようならは悲しい事になる

 

さようならは、一瞬、悲しいような気持ちになるだけで

さようなら自体は悲しいわけでもない

 

 

さようならの前に何をしていた?

 

 

さようならだけに焦点をあてて悲しむ事もない

 

 

 

楽しい思い出や、温かい思い出

ひとつの区切り

 

今までありがとう

これまでの時間楽しめた

 

 

そういうさようなら

 

 

 

胸をはれるような

過去の自分には会えないけどっさ

 

会うことなんてないけど

 

がっかりさせたくないよね

 

子供の頃の自分をがっかりさせるような人生は嫌だなあ

 

もうすでに

がっかりさせてるかも

 

いや、まだまだ

まだリベンジはある

広告を非表示にする

諦めか、選択か

やりたい事はいろいろある

 

諦めると言ったら少し悲しい感じなので、

ただの選択と考える事もできる

 

たとえば

キューバダイビングを何回かしてみたけど

まともにやるには相当お金がかかる

 

中途半端にとか、たまにならできるけど

性格的に、そんなんで大丈夫か自信ない

 

 

もやもやしそう

毎月行きたいとか、行けないとか、お金足りないとか

そんな事考えて悩みたくない

 

 

それならいっそのこと、決別しようかとも思う

 

 

選択肢から外すのだ

 

 

こんな風にしていかないと、

全てが中途半端になる

 

 

全てを常時継続的にするほど、稼げない

 

 

厳選するしかない

 

 

広告を非表示にする

100年前がどんどんと新しくなってゆく

今から100年前は

2017-100=1917

 

1917年

 

今から50年後の100年前は

 

1967年

 

そのうち

私も、100年前の人間となるんだ

 

今日食べた、黄色いキウイがとても美味しかった。

 

こんな人間です