読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次に使う人の事を考えて

って、よく聞くよね

 

『次に使う誰か知らない人のために』

この慣習すてき

 

別にさりげない事でいいんだよ

 

例えば、洗った後の濡れた手でドアノブをビシャビシャにしないとかね

 

 

↑これは昔むかし、お手洗いで

どこかの母親が子供に言ってたんだ

 

『そんな濡れた手で触ったら次の人困るでしょ』

みたいなそんな事を、子供に言っていて

なななんて素敵なお母様

 

 

と思ったんだ。

 

 

すごい、この母。

こんな教えをできる人はそうそうおりませぬよ?

 

 

こんなエレガントな人になりたいなあ

 

 

 

自分がいろんな事を当たり前にできるのは

誰かの努力や気遣いのお陰なんだ

 

 

時々、当たり前の裏側を考えよう