読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族はいつまであたたかく、幸せだったか

自分が生まれた時、両親は笑顔だったと思う

自分でいうのも何だけど、両親にとって

とても可愛い赤ちゃんだった

と想像する

 

そういう人たちだ

 

弟も生まれ、2人の可愛い子どもと

つつましく暮らしていて

いわゆる温かい、幸せな家族だったと思う

 

だけど

 

母のイライラが目立ってきていた

24時間イライラしているようにみえた

すぐに沸騰した

こわかった

 

それは、当然、自分のせいだと思った

(大人になって、いろいろあったんだろうと解るようになったけど)

 

 

話をするとキレられる

話さなくてもキレられる

 

笑顔はやめた

可愛くない子になった

 

 

あの頃、こにくたらしい子供だったのだろうか

 

 

 

一人暮らしするまで、ずっと

お互いイライラしていた

24時間、年中無休で

 

もう

尋常ではない

イ・ラ・イ・ラで体中満たされてた

 

10代はそれだけ 

 

 

 

戻って何かできる訳ではないのに

思い出す

 

 

 

 

両親はどうだろう

こんな、子供との悲しい記憶

悲しい